082.パパへのてがみ

夜、お風呂に入りながら七原くんのニコニコ生放送でも聞こうと思って、
(ここの時点でピンっと来た人は同士なのでコンタクトお待ちしております!w)
洗面所に携帯電話持ってって、お風呂用Bluetoothスピーカーに接続して、「わたしの入浴じかん」を楽しんでたんですね。

はしを自分で割りたいんだって!かわいい〜!

つか、自分で書いていて思うんですが、ご時勢柄か「わたしの入浴じかん」ていうような言い回し増えましたね。
「入浴タイム」でも「入浴時間」でもなく、さらにパーソナルな独自の「わたしの」を付け加える感じ。
ボクは個人的にこの「わたしの」とか「じかん」っていう表記と言葉がゾクゾクします。
このゾクゾク感は何なんでしょうね。閑話休題。

隙間ができるようにようじを挟むんだって!策士!かわいい〜!

で、わたしのお風呂じかんが終了して洗面所で着替え終わって、携帯をふと見ると、ちいさい紙切れが上に乗っかってて、あれ、こんな紙切れあったけな?と思って確認しないまま、横にポイッって置いて、リビングへ向かったんですね。
で、リビングで「わたしのまったりじかん」を楽しんでたら、もっとちいさいほうの。こと娘ちゃんがそばにパタパタ〜ってやってきて、耳元で、ちいさい声で、

「パパに書いた手紙読んでくれた?」

はい、ダッシュ!スーパーダッシュ!急いで!

無理だ〜!とかって諦めそう!かわいい〜!

もうね、人生であんなに急いで走った瞬間ないんじゃないかと思ったくらいの壮絶ダッシュ。
あの「?」の違和感は、やはり!全然気づかなかった!ごめんよ、我が娘!いま父は君の想いを確認しにいくぞ!万感なる想いを抱え、いざ!

割れた!のにその表情!かわいい〜!

洗面所の端にあったちいさな紙切れを手にし、またダッシュでリビングに戻り、紙切れ、いや、もうこれは紙切れではない。
この時点でこれもう立派な「手紙」である。娘ちゃんがパパへ想いを綴ってくれた立派な手紙。いざ!開封!

実物。かわいすぎる…

さっぱりわからん!!!

ちょ、娘ちゃん!すごくありがたいんだけど、これなんて書いたの〜?って聞いたら、

「えっと〜、パパいつもカッコいいよ!いつもあそんでくれてありがとう!」

いや、文字数!
ちょっと文字回しが独特すぎて、文字数が気になってしょうがないわ〜!
と冷静を装いながら、

心の中で爆涙。

娘ちゃんが紙にパパへの想いを綴るべく字を書いて、それを洗面所に持って行って、お風呂上がりに読んでもらおうと携帯電話の上にわざわざ置いておいてくれたという、この一連の行動を想像すると、もう…七原くん聞いてヘラヘラしてる場合じゃねーから!

という訳でそんな心温まる、「わたしのしあわせじかん」のお話でした!ギャース!

手紙を書くもっとちいさいほうの。もかわいかった!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#まいにちかわいい。のティザー映像を作りました!
SNSなどの告知用に#まいにちかわいい。の写真を使って毎週UP予定です!
過去のものも遡って記事にて公開しますのでお楽しみください〜!
ちなみに新ページ「うごくまいにちかわいい。」からも閲覧できますのでそちらでものそいてみてください!

 

 

mv
author :

まいにちかわいい。

まいにちかわいい。というこのブログサイトは、娘ちゃんに向かって本当に毎日何かにつけてかわいい!と言っているパパちゃんの育児日記です。
ちいさいほうともっとちいさいほうのささやかな日々をのぞいてみてください!
この記事が面白かったらSNSでのシェアとフォローをお願いします!