227.谷中をぶらり

前回、文京区の根津神社でお参りをしました。

お参りを済ませて、駅までの帰り道は寄り道をして帰ろうという事になり、
娘ちゃん珍しく「お蕎麦が食べたい!」とのことで、お蕎麦やさんへ。

しかしどこで撮ってもかわいいんだね、君は…
根津一朶(いちだ)そばさんにて、パパちゃんは、焼きお揚げそばを注文。

めっちゃくちゃリーズナブルで美味しいお蕎麦やさんでした。
ちなみに我々が入って席に着いた途端、あれよあれよでカウンターが全席埋まり、
その後もひっきりなしにお客さんが訪れてはマスターが入店をお断りするっていう、
めっちゃくちゃ売れっ子なお店でありました!ラッキー!

さて、お腹も一杯になったところで、ちょっと遠回りして帰ろう!
つって、適当に歩を進めて行くと…

とんでもない急坂に出会い、
その横にはねんねこ家さんという、得体の知れないお店。

とにかく猫にフィーチャーしたお店だということはわかるんですが、
如何せん入る勇気がなく…w
なんでも、調べてみると、

ねんねこ家は飼い猫のいる自宅を開放する【レストラン・カフェ】です。家族経営の小さな店のため、特に土日祝日はご予約をオススメしております。猫の額の様な小さな空間でまったりお過ごし下さいませ。

多分、猫カフェのはしりのお店ぽいですね。
とにかくこのカオスな空間に圧倒されました。
こういう出会いがあるからブラブラ歩くのが面白くて。

さて、この坂を登って突き当たり、MAPをみるとこの辺一体全部お寺!というゾーンに入ります。なんでこんなにお寺が密集してんだろ??と調べてみると…

江戸時代、上野に寛永寺が建てられると谷中にもその子院が次々と建てられる。また、幕府の政策により慶安年間(1648年 – 1651年)に神田付近から多くの寺院が移転し、明暦の大火(1657年)の後に焼失した寺院が移転してくる。寺の増加に伴い参詣客も増えると徐々に町屋も形成され、江戸の庶民の行楽地として発展する。

谷中(台東区) : Wikipediaより

とのことで、ちょっと見て欲しいんですけど、このあたりの地図がね、

赤枠内、基本全部お寺ですw

マジ全部お寺!w
こんなことある?ってくらいに広範囲にお寺が密集してます。
マジで1回全制覇したいわ…
とはいえ今回は突き当たりにあった蓮華寺というお寺にお邪魔して、参拝させて頂きました。

いい写真も撮れました。
いや、天気も良くて何より!
ではそろそろ駅のほうに向かいましょう〜!で、蓮華寺さんを後に歩いていると…

谷中富士!なにそれ!

そもそも富士塚ってのは、富士山信仰のひとつに浅間神社を祀って、
富士詣でが出来るようにした塚のことだそう。
で、ここの敷地の持ち主の方が自分の敷地内にこの富士塚があるのを発見し、
谷中富士という名称をもらい整備したのが、この谷中富士だそうで。
ちなみに富士塚に詣でる方向に富士山があるんだそう。
いや、マジで勉強になる!w

なんとも愛おしい。
そして娘ちゃんは谷中富士の石碑を見つけて、

「これなんて書いてあるか読めるよ〜!」つって、

「ここは、神様が住んでいる場所です!」だって!
合ってるしかわいいし、なにこれw
かわいすぎて楽し過ぎて感情くっちゃぐちゃになるわ。

という訳で、谷中ぶらりを楽しめました!
根津神社はもちろんのこと、ぶらぶらと散歩してても楽しめる谷中、素敵でした。
そして、何よりもこの素敵な素敵な映像…

この素敵な光景を一生忘れないように!と思いましとさ。

谷中ぶらりのもっとちいさいほうの。もかわいかった!

【朗報!】
インスタ、わざわざプロフィールから飛ぶのがめんどくせえ!
というアナタへ、「まいにちかわいい。」のPinterestとTwitterを開設しました!
こちらは両方とも直接記事へとリンク出来るので煩わしくありません!
もちろんインスタユーザーでない方も閲覧に便利だと思いますので、
是非ともどちらかのアカウントフォローをば!
お待ちしております!

【Twitter】

【Pinterest】

【▼コチラもチャンネル登録してくれると嬉しいです!】

mv
author :

まいにちかわいい。

まいにちかわいい。というこのブログサイトは、娘ちゃんに向かって本当に毎日何かにつけてかわいい!と言っているパパちゃんの育児日記です。
ちいさいほうともっとちいさいほうのささやかな日々をのぞいてみてください!
この記事が面白かったらSNSでのシェアとフォローをお願いします!